これだけで効果の差が!カマグラゴールドの正しい服用方法

これだけで効果の差が!カマグラゴールドの正しい服用方法

カマグラゴールドは正しく服用しなければ100%の効果を発揮できないことをご存知でしょうか?
「セックスの前に飲めばいい」
という認識だけ持っていたら、思ったような効果を実感できなかったり、副作用の症状などが強く現れてしまうことがあります。

カマグラゴールドでEDの症状を解消したい方は、必ず正しい服用方法をチェックしてください。

また、カマグラゴールドは誰でも服用できるわけではありません。併用禁忌薬を服用していたり、特定の持病を抱えている方は使用ができませんので、該当する事項がないか必ず目を通しましょう。

カマグラゴールドの飲み方

カマグラゴールドは性行為の1時間前に、必ず空腹状態で1錠を水で服用します。
カマグラゴールドには50mgと100mgの錠剤がありますが、この用量は体格が比較的こがらである日本人男性には多い可能性があります。
初めて服用する場合はピルカッターで半分、または4分の1にカットし25mgにして様子を見ましょう。
体に重大な以上がなく、効果が薄いと感じる場合のみ用量を増やす事が可能です。

1回の最大摂取量は100mgが上限となっています。
服用の間隔は24時間で、1度服用してから次に摂取するまでは必ずこの間隔を守ってください。
ピルカッターでカットした場合も、カットした物を1錠とみなします。

服用から30分ほどで効果が現れはじめ、1時間後にはピークを迎えます。効果の持続時間は5時間程で、この間に性的興奮や刺激があれば何度も勃起し、性行為ができるでしょう。

空腹状態で服用しなければならない理由

カマグラゴールドの主成分「シルデナフィルクエン酸」は食事の影響を強く受けてしまう成分です。
食事によって摂取した脂などが、薬の体内吸収を妨げてしまい、効果が大幅に下がってしまいます。
カマグラゴールドを服用して効果が得られなかった方は、空腹時に服用していなかった可能性が多いにあります。
薬が体内に吸収される服用から1時間以降は食事をしても影響はありません。

食事をしてしまった場合は2時間以上の時間を開ける必要がありますが、その時に摂取した食事の内容が油っこいもの(焼き肉、揚げ物系など)である場合、消化に時間がかかり時間をおいても影響が出てしまう可能性も。
カマグラゴールドを飲む予定のある日は脂質の多い食事を避け、消化に酔いものを選んでください。

お酒注意!グレープフルーツ厳禁!

カマグラゴールドには体内の血管を拡張させ、血流をアップさせる作用があります。そのことから、アルコールの回りも普段より早くなってしまうため、酔いやすくなるでしょう。
少量のお酒はリラックス効果があるので、精神的な部分からくるEDの場合は良い影響を与えるとされていますが、酔いすぎると逆にペニスへの血流を悪くし、EDの原因を作ってしまいます。
お酒の量には充分に注意する必要がありますし、極力控えた方が賢明です。
またグレープフルーツにも注意が必要で、グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分が体内血中濃度を上昇させます。これはどういう事かというと、薬の成分の毛中濃度が高まり、必要以上に作用してしまうという事です。
薬が効きすぎると副作用のリスクがグンと上がります。
普段は出ない副作用や、重い副作用に発展してしまう可能性がありますので、グレープフルーツが使われている食品、ジュースやチューハイ、カクテルなどにも気をつけなければなりません。

カマグラゴールドを服用出来ない人

カマグラゴールドを服用出来ない人

カマグラゴールドはすべての人が飲んでいいわけではありません。
以下の項目に該当する人は服用自体ができないので、気をつけましょう。

 

カマグラゴールドを服用できない人
シルデナフィルアレルギーがある
脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある
狭心症
原発性肺高血圧症
低血圧、高血圧
重度の肝機能障害
網膜色素変性症
併用禁忌薬を服用している人

カマグラゴールドの併用禁忌薬

カマグラゴールドには併用禁忌薬もあります。併用禁忌薬は飲み合わせの悪い薬を指します。一緒に飲む事で互いの薬剤作用を強めたり、弱めたりしてしまい、薬の効力を発揮できません。また最悪命を落とすことにもなりかねない恐ろしいものです。
以下の薬を飲んでいる人はカマグラゴールドの使用を避けましょう。

 

併用禁忌薬
シルデナフィルアレルギーがある
硝酸剤(ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、亜硝酸アミル等)
リオシグアト
sGC刺激剤、アデムパス等
塩酸アミオダロン製剤

上記以外でも持病がある、普段から飲んでいる薬があるといった人も、自己判断でカマグラゴールドを服用せず、かならずかかりつけの医師に相談するようにしてください。