カマグラゴールドの力を実感!正しい服用法とは?副作用もチェック

服用法と副作用の画像

カマグラゴールドは勃起不全を改善し、勃起力を格段に上げてくれるED治療薬です。
数ある治療薬のなかでも勃起力がとくに高いカマグラゴールドですが、正しく服用しなければその効力を実感することができません。利用するまえに、しっかりと正しい服用方法を押さえておく必要があります。

またカマグラゴールドを服用する上で注意してもらいたいのが副作用のリスクです。

カマグラゴールドには一体どのような副作用があるのかを併せてチェックしていきましょう。

カマグラゴールドの正しい服用方法

服用は空腹時に

カマグラゴールドは性行為の1時間前に、必ず空腹状態で1錠を水で服用します。
カマグラゴールドには50mgと100mgの錠剤がありますが、この用量は体格が比較的小柄である日本人男性には多い可能性があります。初めて服用する場合はピルカッターで半分、または4分の1にカットし25mgにして様子を見ましょう。
ピルカッターでカットした場合も、カットした物を1錠とみなします。
体に重大な以上がなく、効果が薄いと感じる場合のみ用量を増やす事が可能です。1回の最大摂取量は100mgが上限となっています。

服用の間隔は24時間で、1度服用してから次に摂取するまでは必ずこの間隔を守ってください。

服用から30分ほどで効果が現れはじめ、1時間後にはピークを迎えます。

効果の持続時間は5時間程で、この間に性的興奮や刺激があれば何度も勃起し、性行為ができるでしょう。

空腹状態で服用しなければならない理由

カマグラゴールドの主成分
「シルデナフィルクエン酸」は食事の影響を強く受けてしまう成分です。

食事によって摂取した脂などが、薬の体内吸収を妨げてしまい、効果が大幅に下がってしまいます。
カマグラゴールドを服用して効果が得られなかった方は空腹時に服用していなかった可能性が多いにあります。
薬が体内に吸収される服用後30分以降は食事をしても影響はありません。

カマグラゴールドの副作用

頭痛で頭をおさえる男性

カマグラゴールドの副作用は「頭痛」「ほてり」「鼻詰まり」「動悸」などが主な症状です。
これはシルデナフィルの血管拡張作用によって伴うもので、多くの場合は一過性です。

薬が効き始める頃に副作用が現れ始め、時間の経過とともに落ちついていきます。薬の効果が切れる頃には服作用は治まっているでしょう。

頭痛や鼻詰まりが気になる場合は、市販の頭痛薬や鼻炎薬を飲んでも構いません。

稀に重篤な副作用を引き起こす可能性も

カマグラゴールドの服用で、稀ですが重篤な副作用を起こす可能性もあります。

「勃起持続症」といって4時間以上勃起が治まらない症状です。

勃起持続症は陰茎組織にダメージを与え、勃起機能を失わせる可能性がある大変怖いものです。
勃起持続症は海外で少数ながら報告がされています。

また、「副作用がなかなか治まらない」「次第に症状が辛くなってくる」

といった場合も注意が必要です。

カマグラゴールドを服用して明らかに体の様子がおかしい場合は放置せず、すぐに医療機関を受診し医師の診察を受けましょう。

カマグラゴールドの併用禁忌薬

カマグラゴールドには併用禁忌薬もあります。

硝酸剤(ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、亜硝酸アミル等)
sGC刺激剤、アデムパスなど
塩酸アミオダロン製剤

上記を常用している方はカマグラゴールドを服用できません。

上記以外でも「日常的に服用している薬がある」「持病がある」
という方は自己判断でカマグラゴールドを服用せず、必ず医師へ相談してください。

カマグラゴールドは正しく服用しましょう。